購入資格

  心理検査を活用する際には、検査の誤用や受検者への権利侵害を防ぐため、検査の実施者が十分な知識と経験を持っていることが必要です(『ご利用の前に』参照)。

弊社では、米国教育学会(AERA)・米国心理学会(APA)・全米教育測定協議会(NCME)の3団体が定めた基準を採用し、心理検査を購入資格Level A,B,Cという3つの段階に区分しております。

基本的な知識があればどなたでもご利用いただける検査がLevel Aです。これに対し、Level B及びLevel Cの心理検査は、一定の要件を満たした方のみが購入・実施できる検査となり、ご購入いただく際には事前に購入資格登録が必要となります。詳細は下記をご覧ください。

 

 

 

 
 
 
 ★心理検査商品のご購入方法についてはこちらから。
 
  ★Level B資格登録の流れ、購入資格確認用紙のダウンロードはこちらから。
 

  

 

  諸外国ではかねてからテストに関わる者が順守すべき規準(テスト・スタンダード)を公表しています。テストの作成から実施、採点、結果の利用、管理など、一連の過程におけるあるべき姿を示したものです。米国のテスト・スタンダードは、書籍化され、先の3団体により『The Standards for Educational and Psychological Testing』として刊行されています。

 一方日本でも諸外国にならい、2007年9月、日本テスト学会編集により『テスト・スタンダード』が刊行されました。テストを取り巻く環境の整備を望む声は、国内でも今後益々高まっていくことが予想されます。

 これらのテスト・スタンダードは、「信頼できるテストとは何か」「テストはどのように実施されるべきか」、「テストの結果はどのように保管されるべきか」といった問題についての客観的な視点を我々に提供しています。