ADOS-2 日本語版

Autism Diagnostic Observation Schedule Second Edition (エイドス・ツー)

概要

種類 自閉症スペクトラム観察検査(半構造化観察・面接)
主な対象 月齢12カ月以上
形式 検査用具や質問項目を用いて、対象者に行動観察と面接を行い、自閉症スペクトラム障害(ASD)の評価を行います。
*専用の「プロトコル冊子」を用いて、検査の実施・評定・スコアリングを行います。
所要時間 40~60分

購入資格

 Level B(⇒【購入資格】
 『ADOS-2 日本語版』の全商品は、一定の要件を満たしている方が購入できます。

  

内容説明

行動観察と面接を通して評価する
自閉症スペクトラム・アセスメントのゴールド・スタンダード

  ☑ ASDの包括的な臨床診断の一助として
  ☑ 効果的な支援・介入のために
  ☑ 重症度の指標として

 *価格は予告なく改定する場合がございます。

  

1. 検査用具や質問項目を用いて、自閉症スペクトラム障害(ASD)の評価に関連する
  行動を観察するアセスメントです。
  

 

 

2. モジュールは全5種類。年齢・発達水準に対応した評価が可能です。


  ・発話のない乳幼児から、知的な遅れのない高機能のASD成人まで、幅広く対応しています。
  ・
5種類のモジュールから、対象者の①表出性言語水準、②生活年齢、③興味・能力にあったもの、
   を1
つ選択し、専用のプロトコル冊子に従って課題の実施や評定、結果の解釈を行います。

   *モジュール選択方法の詳細は、マニュアルに記載されております。
    マニュアルに従って、検査の実施時にその対象者に最も適したモジュールをご選択ください。
  

 

     

 

 

3. ADOS-2 日本語版からわかること

 

  ① 行動の特徴的な側面を、領域ごとに整理して評価できます

            行動観察の結果を、下の5領域ごとに数値的に評価することができます。

              

 

 

 

  DSMの診断モデルに基づく判定が行えます。

          カットオフ値との比較により判定します。
        モジュール1-4は「ADOS-2 診断分類」、乳幼児モジュールは「ADOS-2 懸念の程度」の判定
                  が
可能です。  

          

 

 

 

                              *ADOS-2診断分類による判定は、臨床診断に代わるものではありません。
                                 臨床診断は、包括的評価から得られたすべての情報に基づいて行う必要があります。

 

 

  ③自閉症スペクトラム症状の程度の目安を知ることができます。

         下記の対象者には、「ADOS-2比較得点」が用意されています。
    「ADOS-2比較得点」は、ADOS-2で評価される自閉症スペクトラム症状の程度を、
      同じ生活年齢・言語水準のASD児と比較して表す指標です。
      症状の経時的変化の解釈にも活用できます。


  

 

 

 

 

 

 

  ADOS-2 日本語版を正しく実施するためには、マニュアルを読むだけでは不十分とされています。

 臨床場面における適切な使用方法が学べる「ADOS-2 日本語版 導入ワークショップ」や「ADOS-2 日本語版 臨床用研修会」に参加されることを推奨します。
 また、ADOS-2 日本語版を研究目的で使用したい場合には、専用の「ADOS-2 日本語版 研究用研修会」を別途受講する必要がございます。

   ワークショップ・研修会につきましては、こちらをご覧ください。

  ADOS-2日本語版の 関連ワークショップ・研修会に関するお問い合わせ、および研究目的での使用に関するお問い合わせは、弊社の 心理検査お問い合わせフォーム をご利用ください。

 


  ADOS-2 日本語版 導入ワークショップ(金子書房 主催) 開催一覧

 *初めて『ADOS-2 日本語版』を活用したい方向けのワークショップです。
  使用目的(臨床か研究か)に関わらず、『ADOS-2 日本語版』を実施されたことのない方は、
  当ワークショップにご参加いただくことを推奨しています。

 *今後開催予定のワークショップは下記の通りです。ワークショップの詳細・お申し込みは、各ワークショップタイトルをクリックしてご覧ください。

 

開催日   
ワークショップタイトル
ビデオ評定実習
使用モジュール 
申込状況
2017年9月10日
(日)
受付終了

 

 


 ADOS-2 日本語版 臨床用研修会・研究用研修会 開催一覧

  *下記研修会は、研究使用資格取得にあたって受講が必須となる研修会です。
 *今後開催予定の研修会は下記の通りです。各研修会の詳細は、各主催者ホームページをご参照ください。
  
  *下記研修会に関しては、各主催者に直接お問い合わせください。

開催日   
研修会タイトル
主催
HP
 2017年7月
22~23日

ADOS-2 臨床用研修会 
in佐賀
(第3回)

(株)フロム・ア・ヴィレッジ 
 2017年
10月7~8日

 ADOS-2 臨床用研修会
兵庫(第4回)

一般社団法人トータルハーモニィ 
2018年
1月6~8日

ADOS-2 研究用研修会

心と発達の相談支援  another planet

 

沿革

ADOS-2は、1999年にアメリカのWPS社から出版されたADOSオリジナル版(日本語版は未公刊)を改訂したもので、同じくWPS社から2012年に刊行されました。ASDアセスメントのゴールド・スタンダードとして世界的に知られ、活用されています。日本語版は、黒田美保、稲田尚子の監修・監訳により、2015年に金子書房より刊行されました。

【監修・監訳者】
黒田 美保  福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室 特任教授/東京大学大学院教育学研究科 客員教授
        昭和大学発達障害医療研究所 客員教授
稲田 尚子  東京大学大学院教育学研究科 教育学研究員
        Southwest Autism Research & Resource Center 客員研究員

特徴

★「SCQ 日本語版」でカットオフ値を超えるなど、ASDの可能性が疑われる場合には、 「ADI-R 日本語版」と「ADOS-2 日本語版」でさらなる評価を行うことが推奨されます。

★「ADI-R 日本語版」と「ADOS-2 日本語版」を組み合わせて活用することで、ASD特性の評価や診断に役立つ幅広い情報を得ることができます。

活用方法

包括的な臨床診断のために

      自閉症・自閉症スペクトラム障害(ASD)の他の評価手段や情報とあわせて活用することで、包括的かつ精度の高い臨床診断が可能になります。


早期診断に向けて

      乳幼児モジュールは、将来的にASD診断につながりうるリスクを評価し、継続的な経過観察の必要性を判定するのに有用です。


☑ 効果的な支援・介入のために

      対象者の行動特徴、強みや困難を詳細に把握し、支援・介入計画に役立てることができます。

 

☑ 重症度の指標として

     現時点で観察される自閉症スペクトラム症状の重症度、あるいは症状の経時的変化の指標として活用いただけます。